2017年6月13日火曜日

今どきの高校生は…

『KADOKAWAが「魔法のiらんど」ユーザーの高校生に実施したスマートフォン利用調査でそんな結果が出た。』

というデータ。(IT media NEWS より)

魔法のiらんど」とは、KADOKAWA アスキー・メディアワークス(AMW)が運営するスマホ向けの無料ホームページ作成サイトサービスのブランド(Wiki より)のこと。
自らのキャッチは「日本最大級のガールズエンタテインメントサイト」とのことで、
『大人気の小説を始め、みんなの気になる恋愛事情から映画・音楽の最新エンタメ情報まで盛りだくさんの、ガールズエンタテインメントサイトです!もちろん小説やブログ、ホームページも無料で簡単に作れちゃう!今すぐ魔法のiらんどを楽しもう!』
と唱っている。

従って、以下に紹介するデータは、この「魔法のiらんど」ユーザーに対する調査である事をお断りしておきます。

同データによると、


やはりダントツは予想通り「LINE」。これは分かるとして、ちょっと予想外だったのが「Twitter」。LINEに迫る勢いだ。
予想通りだったのが「Facebook」で、2割にも満たない。Facebookは実名が原則だし、オヤジ・オバサンが多いからだろう。
「YouTube」は分かるけれど、「Instagram」が伸びて来ているという事だが、これは意外。
Instagramで高校生が最も見るジャンルは「ファッション」、最も投稿するジャンルは「食べ物」だった。

また、情報収集はSNSに次いでスマホのウェブサイトが多く、テレビが3位に付けているのは驚きだ。
(高校生はテレビなど見ないと思っていたから…)
当然のように雑誌・新聞は極端に少ないのだが、PCでのウェブサイト閲覧が雑誌より低かったのにも驚いた。
大学生がPCを使わなくなっているという事は知っていたが、やはり高校生もそうだったのだ!


さらにスマホの機種がダントツ「iPhone」で、アンドロイドは半数にも満たないということだ。

まとめると…
今どきの高校生(多分、女子)達は、「iPhone」の「LINE」で友達と繋がり、更に「LINE」や「Twitter」などで情報を収集しており、ファッション情報は「Instagram」を参考にし、雑誌・新聞には見向きもせず、適当にテレビを見ている。
そして登校前のひと時と、下校後の夕方から深夜にかけて頻繁にスマホを使っているという姿が浮かび上がって来た。

毎日、新聞に目を通し、ネットはPCを使い、SNSは「Facebook」というのは、最早ジジババだけだということか… (^^;

2017年5月10日水曜日

「ホントなのか?」

あるWebエンジニアが、自身のブログでこんな記事を書いていた。

「こんなWebは嫌だ」

その出だしの部分は、こうだ。

目覚ましい普及と進化を遂げたWeb。しかし今、Webにとってクソみたいな時代が到来している。それもこれも全部貧乏人が悪い。悪貨が良貨を駆逐するとはまさにこの事だなぁ。

私がWebに興味を持ち始めたのが1995年頃で、ちょうどWindows95が発表された頃だった。
その当時私は、広告制作にようやくマックを使い始めたばかりで、確かPower Mac 9500だったと思う。
ブラウザと言えばまだMosaicから発展したNetscapeしかなかった時代だ。
そして2000年問題が話題になっていた頃、見よう見まねでWebを制作し始めた。
たまたま運良くソースを見る事が出来るようになり、コピペして自己流でhtmlコードを書いて行った。
まだ参考書など殆ど無い時代だったから、全くの「見よう見まね」だった。
試行錯誤も繰り返し、今だったら数分で書けるコードに数時間、数日を要する有様だった。
それでもいつしかサイトを制作出来るようになり、2003年には、初めて仕事としてWebを制作するまでになっていた。
そのせいで私は、未だにコードは手書き(アプリを使わない)している。

その頃はまだ、個人も企業も、ウェブサイトを持っているというだけで感心された時代だったから、先に書いたブログの引用のような事は、全くと言って良いほど無かった。
しかしたったの20年足らずで、社会(世界)は驚くほど変わっている。
今やそこいら辺の兄ちゃん姉ちゃんがスマホで投稿した記事が、アッと言う間に何万アクセスも稼いでしまう世の中なのだ。

だから、先のブログの記事になるのだ。続けてみよう。

誰もが気軽にお小遣いを稼げる時代。貧乏人やバカどもは「お金を稼げればいい」としか考えずに情報をクソのように扱う。結果として能力も技術も知識もない馬鹿野郎がそれをやるのだから、クソみたいな情報がネット上にはびこることは必然と言えよう。
(中略)
誰もが簡単に情報を発信できる時代。Webサイトの制作もとても簡単になった。テンプレートを使えば誰もがそれっぽいサイトを簡単に持てるようになった。それはいい。いいことだ。でも「情報を扱う」という気構え・意識は伴われていない。

ネットは間違いなく便利だし、私自身、それを生業としているし、個人的にも大いに活用している。
無くす事など絶対に不可能だと思うけれど、デタラメな情報やウソ情報、あるいは悪意に満ちた情報に接すると、いっその事インターネットなど無ければ良いと思ってしまうことがある。

デタラメな情報やウソ情報、あるいは悪意に満ちた情報を垂れ流すバカ共は無くならないかもしれないが、せめて、その情報が本当かどうか確かめられないまでも、疑ってかかるくらいの慎重さは持った方が良い。
安易にリツイートする前に、「ホントなのか?」と疑ってみてください。

2017年4月2日日曜日

「電話急げ!」

これだけ見たら、何のことだ? と思いますよね。
営業の仕事の電話か? はたまた待ち合わせに間に合わなくなりそうだからか…?

実はこれ、「善は急げ」の掛言葉、ダブルミーニング。


「電話いそげ」
メールでコミュニケーションしたい気持ちはわからんでもないんですけど、そのメールを1通書くより先に電話を一本したほうがいいんじゃないでしょうか。そのメール、障害報告ですよね?

【IT業界名言集】我がコードは我流。我流は無形。故に誰にも読めぬ。【10年進歩なし】
というタイトルのBLOGOSの記事の中の一節です。

10年近く前にまとめたIT業界の名言集を久々に読み返したところ、今見ても新鮮味があるというか、IT業界の変わらなさを実感し、ちょっと残念な気持ちになりました。この10年間でIT業界は果たして進歩してきたのでしょうか。2017年版の要素も追加して、IT業界迷言集を紹介します。

という書出しで始まるこの記事は、IT業界の悲喜こもごもを箇条書きで15項目挙げていますが、タイトルを見ただけで笑えるもの、妙に納得してしまうものもあり、久々のヒットだと密かに思った次第です。

しかし「電話急げ!」に話を戻すと、確かに大抵の用件はメールで済ませてしまう今日この頃ですが、送ったは良いけど返事が来ないとイライラするくらいなら、確かに電話してしまった方が早いのは言うまでもありません。
でもその一方で、大した用事でもないのにいつも必ず電話して来る人も居ますね。
こちらがメールで送った内容に、急ぎの用でもない場合は「了解!」とひと言返信すれば済むものを、わざわざ電話して来てこちらの内容を確認し、ついでに何かおしゃべりする。
こちらもヒマなら良いですが、何故か忙しくて手が離せない時に限ってこの手の電話…。なんだかなぁ… (^^;

メールと電話、上手く使い分けましょうね!

2017年2月24日金曜日

ネット・スマホ信者の弱点

『ビートたけしがネットやスマホを批判する訳』と題するネット記事が、
BLOGOSに掲載された。
それは「NEWSポストセブン」に掲載された『ビートたけし「ネット・スマホ信者の弱点」を指摘』というオリジナル記事について書かれたものだ。
「NEWSポストセブン」に掲載されたビートたけし氏の記事は『ニコニコニュース』に転載され、アッという間に1,000件以上の書き込みがあったという。

コミュニケーションやエンターテインメントのツールとしてスマホが役に立ってるのは認めるけど、かといって「ネットで調べればいいから知識はいらない。要はネットを使いこなす頭脳だ」みたいな風潮は絶対おかしいね。


          (写真=NEWSポストセブンより)

ビートたけし氏は芸人でありながら世界的に有名な映画監督でもあり、テレビでは司会・コメンテーターとしても活躍している多才な人だ。
氏の好悪好き嫌いは別にして、

ビートたけしは「ほとんどの人間が普段からなんとなく感じている事」を絶妙の表現とタイミングで誇張して繰り出すことが上手い。

ことは事実だろう。

小生も仕事柄、常にパソコン、パッド、スマホを使用しているが、個人的に使うのはせいぜい1日1時間ほどだ。
氏の言う通り、『アレに一日中かじりついてるってのは正気じゃない』と思う。

知識をネットに頼っている人々は、実はネットにはウソの情報も結構多いということを気にしなくなり、やがてネットに出ている事は(自分と反対意見でない限り)頭から信用するようになってゆく。
恐ろしい事だと思う。

また先日、SNSのある記事。今どきの若い子は、スマホの電話ボタンにある《受話器》のマークの意味するところが分からない子が多い…というのを読んで、「えっ?!」と思った。
そうか…。家に固定電話がないケースも増えているだろうし、街角から公衆電話がどんどん姿を消している時代だものなぁ…。
もう一つ思い出した。
大卒の新入社員で、電話のかけ方が分からないという者が、結構増えているという記事。
時代が変わったと言ってしまえばそれまでだが、やはい何かおかしい。
パソコンやスマホは確かに便利な道具だが、道具に使われてしまっているのは本末転倒だろう。

こういう事は学校では教えてくれないだろうから、やはり親が子供の頃から教えて行くべきなんだろう。
しかしその親が既に中毒だったら…

将来は、暗い… (^^;
 

2016年11月25日金曜日

「ウソが真実を駆逐する」SNS社会の怖さ

タイトルを読んで、「そんなバカな!」と思う方も多いかも知れません。
私自身、何となくそんな危惧は抱いておりましたが、面と向かって言われると「え? ホントに?」と思ってしまいます。

しかしまあ、この記事を読む限りでは、「なるほどね…」と思わざるを得ませんでした。
『「脱真実(Post-truth)」社会では「悪貨が良貨を駆逐する」 ヘイトのアクセラレーターと化したSNS』
BLOGOS の記事です。

2年前にも『「‥‥と言われています」の怖さ』と題して類似の記事を書きましたが、例えそれがデタラメな記事であったりウソであったりしても、「‥‥と言われています」と何度も見聞きしているうちに、自然それを信じてしまう、そういう怖さがあります。

SNSでニュースが繰り返し、しつこくシェアされるこんにち、たとえそれがねつ造されたニュースであっても上位にトレンドしてしまうし、たいていのユーザーはそのニュースの真偽を判断できる能力を持っていない……

いつの間にか真実は奥に追いやられ、まことしやかなウソがまかり通ってしまう。
余程ウソを見抜く目や耳を養っておかない限り、私たちはいつの間にか悪意を持った影の権力者達に操られてしまうかも知れません。

ネットでシェアされるニュースも、残念ながら加速度的にガセネタ度を増してきています。特にフェイスブックは、それがひどい。
最近では、むしろツイッターの方が速報性やガセの少なさでマシなくらいです。

フェイスブックユーザーは、若者よりもずっと年齢層が高いようですが、それでも判断力の偏りが顕著のようです。
1ユーザーである小生も、気をつけようと思います。

(画像はついこの間まで話題になっていた都庁のホームページにあったウソのデータ)

2016年9月9日金曜日

SNSごとに投稿内容は変えるべき?

まあ、当然と言えば当然です。
小生も個人ではFB、Twitter、Instagram をやっていますが、基本、投稿内容は変えています。
時に Insta でFBにもリンクさせて同時に上げる事もありますが、やはりSNSごとの「見られ方」の違いは意識しています。

Facebook、Twitter、Instagram … 同一サービスで複数のSNSアカウントを運用するのは、もはや当たり前になっています。しかしながら、SNSごとに最適化された情報発信ができている例は少なく、同じ投稿をそれぞれのアカウントに流すだけになってしまっている企業が多いようです。

SNSごとに投稿内容を変えるのがベストだとわかっていても、それほどのリソースを割くのは難しい。では、最低限のリソースで最大の成果を上げるためにはどのように投稿の内容を工夫すればいいのでしょうか?

日々の運用に手間をかけられない場合、別のSNSと投稿を連動させることで運用リソースを抑えつつ、アクティブなアカウントとして維持することができます。
どのSNSに最も注力するかは、自社のターゲットや戦略、社内リソースなどによって変わると思います。そのときにSNSのアカウント自体をクローズしてしまうのではなく、最低限のリソースでアカウントを維持しつつ、最も重要なSNSに一番リソースをかけられるように調整することも重要です。

ソーシャルメディア ラボ より抜粋

企業がウエブサイトとは別に、あるいはリンクさせてSNSを活用する場合、全て同じ内容では能がないですし、そのSNSの特性を無視して運営しても、恐らく期待するほどの成果は得られないでしょう。
せっかくやるのであれば、やはりそれなりに効果の上がるやり方をしない手はありませんね。

2016年7月7日木曜日

IIJ、郵便局で格安スマホ販売?

IIJ(インターネットイニシアティブ)は、個人向けデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」を、郵便局で販売すると発表したそうです。
しかしこれは、郵便局の店頭でスマホを販売するという事ではありません。先ず郵便局店頭でカタログを入手し、電話かハガキで申込書を請求して申し込むという方法です。
「IT Media ニュース」によれば、音声通話機能付きSIM「みおふぉん」を、SIM ロックフリー端末「arrows M03(FUJITSU)」にセットして使うのだそうです。


IIJの目論むところは、家電量販店などが少ない地方でも格安スマホの情報が手に入るよう、全国の郵便局を活用したい…ということのようですが、つまり郵便局・富士通とのコラボですね。
今のところ東海地方だけが対象ですが、順次全国展開を図るとのこと。
これにより、高齢者などへの格安スマホの普及を目指すということらしいです。

しかし高齢者が、「SIM ロックフリー」だの「下り最大150Mbps/上り最大50Mbps の高速通信」なんて、理解出来るんでしょうか…。
郵便局に置かれるカタログを見ていませんから何とも言えないのですが、若い人でもネットに疎い人は分からないでしょうね。
一応、郵便局専用のコールセンターを用意し、スマホ初心者や高齢者でも利用できるようサポートする…ということですが、どうなるのか興味深いところです。

因に、Docomo の 5s 以降の iPhone なら、SIMロック解除をしなくてもこの SIM カードを認識するそうです。
また au とソフトバンクは、6s なら SIM ロックを解除すれば使えるとのことです。

【参考リンク】

IT Media ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1607/05/news108.html

IIJ
https://www.iijmio.jp/